ファルベンのフレームの再塗装<千葉県旭市のメガネ・補聴器専門店>

千葉県旭市のメガネ・補聴器専門店 共文堂1級眼鏡作製技能士認定補聴器技能者の二刀流店主の宇野です。 
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
愛着のあるメガネフレームのカラーの再塗装のご紹介です。

メガネフレームの再塗装(再カラー)で愛着のあるメガネが蘇る


数年ご使用いただいた、ファルベン。フレームの鼻側の塗装が剥がれています。

どんな商品でも長年使用していると、傷んできます。メガネも同じ。レンズに傷がついたり、コーティングが痛んだり。フレームのネジが折れたり、ぶつけてカラーが剥がれたり。レンズは交換しなければなりませんが、フレームは、その状態によりますが、修理ができるのです。どうぞご相談ください。

ファルベンのメガネフレームは職人の手塗り


ファルベン(farben)のメガネフレームのリム部分は、メガネ職人の手塗り

今回、愛用しているお気に入りのメガネ、マルマンオプティカルの「ファルベン」の塗装が剥がれたとのご相談がありました。
ぶつけて、フレームの塗装が剥がれ、レンズも傷がついています。
お持ちいただいたマルマンオプティカルのファルベンの金属部分(リム)は、メガネ職人の手塗りなのでメーカーに修理を依頼しました。

塗装を全部はがし、再度手塗りで仕上げました。


修理前

↑修理前と↓修理後の比較写真です。鼻あて(パッド)も新しく交換。

修理後

いかがでしょう。きれいになって修理から戻ってきました。この後、レンズも新たに交換して納品。
今回は、マルマンオプティカルのファルベンの修理をご紹介しましたが、もちろん、その他のフレームも、修理を承っております。

ファルベンは、ドイツ語で「色彩」を意味することば


ファルベン

キレイな色彩で長年ご利用いただけるファルベンのメガネフレーム。

ファルベンのメガネフレームは、すべて日本国内で製造されています。イタリアの老舗セル生地メーカー「マツケリー社」に特注したセル生地を、日本の熟練した職人が手作業で磨き上げて作られたテンプルや、一本ずつ手塗りで仕上げられたリムなど、高品質な素材と丁寧な作りが魅力です。
いずれブログで紹介記事を書きたいと思っています。

——————————–

千葉県旭市 メガネ・補聴器の専門店|共文堂
〒289-2516 千葉県旭市ロ915-4
Tel.0479-64-1146
営業時間 10:00〜19:00(定休 水曜日)

*専用駐車場完備*
雨に濡れずに店内に入れる専用駐車場を隣接しております。

お問い合わせ、ご来店予約はお電話、もしくはHPのメールフォームからご連絡ください。

お問い合わせ ▶ ご来店予約

関連記事

TOP