メガネの修理 ~テンプル開き調整~

強い近視の場合、レンズがフラットになるためプラスチックフレームのテンプル(腕の部分)が広がって顔幅に合わない場合があります。その場合、薄いプラスチックの板を張り付け、掛けやすいように調整します。

調整前、テンプル(腕の部分)が広がっています。
修理調整後、広がりが、ほぼ平行になっています。
(お客様の顔幅に合わせます。)
上)レンズが入った状態(テンプル開き角調整済み)
下)同一フレーム(カラー違い)の販売前の状態
比較すると、フロント(前枠)のカーブが違いますね。
この板を張り付けます。
この場所です。
完成です。
貼り付けた部分です。
このエントリーをはてなブックマークに追加