メガネの修理 ~アイアーム~

プラスチックフレームの鼻あてを、調整可能な弾力性のあるベータチタン素材を使ったアーム&パッドに交換し、装用感をよくします。

通常の固定パッドでは、鼻あての調整ができません。
パッドをカットし、削ったところを艶出しします。
ベータチタン素材のアームを装着。完成です。

メガネの修理 ~鼻盛り(貼るタイプ)〜

プラスチックフレームの鼻あてに貼りつけ、掛けやすくします。
下記の写真は、貼り付ける前処理の段階です。最終的には、左右とも斜めにカットし、溶かして貼り付けます。

これは肉厚タイプ(3ミリ)なので当店で斜めに削り正面から目立たなくします。
(右)処理前の鼻盛り板
(左)処理後の鼻盛り板
仮に貼ってみました。斜めにカットしてあると正面から目立たなくります。
(右)処理前の鼻盛り板
(左)処理後の鼻盛り板
仮に貼って、 上から写してみました。
(右)処理後の鼻盛り板
(左)処理前の鼻盛り板