認定眼鏡士

認定眼鏡士とは

メガネはファッションの要素も大切ですが、使用し続けても疲れず快適によく見えることが基本となります。
ユーザーに最適で快適なメガネを提供するためには、適切な視力測定はもちろん、ライフスタイルにあったレンズの選定、フレーム選び、フィッティング、フレームレイアウトなど複合的な専門性が必要となります。そこで確かな知識と技術で、ご満足いただけるメガネをご提供する技術者が、社団法人日本眼鏡技術者協会の「認定眼鏡士」なのです。


資格有効期間は3年

現在、新設計のレンズや新素材のフレームが次々と登場しています。また、生活習慣から生じる疲れ目、ドライアイなど様々な症状も、眼鏡技術者はいち早く把握しておかねばなりません。常に最新の知識・技術を得るため、その資格有効期間は3年間のみ。資格維持のためには規定講習の受講が必要とされ、規定を満たさなかった場合は、資格を喪失するという厳しい内容となっています。

調整で見え方も変わる

日本では、眼鏡技術者の国家資格がありません。そのため、技術レベルが各店でかなりの格差があります。器械まかせの視力測定で済ませるお店やフィッティングができないお店もあるのが実情です。

どんなに視力測定をしっかりしても使用目的が合わないレンズでは見づらく、眼とレンズの距離や角度が違うと見え方に影響が出てきます。メガネというものはトータルバランスが必要なのです。 当店では、SS級認定眼鏡士の資格を取得している店長を中心に、皆様の快適なメガネづくりのアドバイスをさせていただいております。
このエントリーをはてなブックマークに追加