フレーム特殊加工

メガネをかけやすくするための様々な加工。大手メーカーの修理部門で研修した店長が加工いたします

アイアーム加工

プラスチックフレームの鼻あてを、掛けやすく、調整しやすいパッドに交換修理します。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.161988003904656.21725.148199395283517&type=3

鼻盛り加工(貼るタイプ)

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.161988003904656.21725.148199395283517&type=3

プラスチックフレームの鼻あてに貼りつけ、掛けやすくします。

鼻盛り加工(載せタイプ)

プラスチックフレームの鼻あてを大きいサイズに変え、掛けやすくします。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.312218782214910.1073741825.148199395283517&type=3

テンプル開き調整

強い近視の場合、レンズがフラットになるためプラスチックフレームのテンプル(腕の部分)が広がって顔幅に合わない場合があります。その場合、薄いプラスチックの板を張り付け、掛けやすいように調整します。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.427984013971719.1073741836.148199395283517&type=3
このエントリーをはてなブックマークに追加