トランジションズ エクストラアクティブ

紫外線だけでなく可視光線にも反応し、
まぶしさカット性能をさらに強化した調光レンズが発売されました。
(従来の調光レンズは、UVカットされた車内では色がほとんど変わりませんでした)

発売されたのは、ニコン・エシロール『トランジションズ エクストラアクティブ』
カラーは、ブラウンとグレー。
薄型、超薄型レンズに対応します。

<レンズの特徴>
・車のフロントガラス越しの光にも反応するので、運転時にも便利
・屋外では、従来の調光レンズより、濃いトーンに変化
・室内ではごく薄い色に変化し、室内光のまぶしさも軽減

薄雲がかかる6月の屋外で撮影しました。

変化前

変化後


ニコン・エシロール『ビューフィット』

ニコン・エシロールのハイグレードレンズ『ビューフィット』
レンズカーブ、フレームそり角を指定することにより、
美しい仕上がりと快適な見えごこちが得られます。

この写真、近視の度付きサングラスなのです!
偏光レンズのエクスペリオグレー&ゴールドミラーを
マッキントッシュ・フィロソフィーの
プラスチックフレームに組み込みました。

ビューフィット エクスペリオグレー プライムミラーゴールド

今回は、スタンダードなデザインのフレームですが、
ビューフィットならハイカーブのフレームにも対応します!

ニコン センチュリーAI(エーアイ)

ニコンの限定専門店向けの遠近両用レンズ『ニコンAI(エーアイ)』シリーズが、
さらに進化した「両面・センチュリーサイクロン設計」を取り入れ、
『センチュリーAI プレミアム』『センチュリーAI』となってモデルチェンジされ、当店で先行発売しております!
Nikon CENTURY AI ニコン センチュリーAI

店長の私も、新しく導入したフレームブランド『ストーミーウェザー』に
『センチュリーAI プレミアム』を組み込んでさっそく試してみました。
今まで使っていた『ニコン サイバーAI 』でも、十分満足いく見え具合だったのですが、
さらに、『はっきり見える範囲が広い』『歪みが非常に少ない』のです!
ノートパソコンなら、もう中近両用レンズがいらないくらい!
抜群の見え具合です!

さすが、キャッチコピーが『私だけのオートフォーカスレンズ』。
世界に誇るトップエンジニア集団・ニコン光学設計部の頭脳を受け継ぐ人工知能で設計された特別なレンズですね!

センチュリーエーアイ
ストーミーウェザー

コダックの防眩レンズ

コダックの防眩レンズ『Neo Contrast(ネオコントラスト)』『See Contrastシーコントラスト』
人がまぶしいと感じる黄色光付近の波長領域をカットし、
『眩しい』を抑えて『くっきり』見えるレンズです。
当店では、体験レンズをご用意しております!

コダック防眩レンズ
ネオコントラスト シーコントラスト

ネオコントラスト シーコントラスト1 ネオコントラスト シーコントラスト2 ネオコントラスト シーコントラスト4 ネオコントラスト シーコントラスト3
コダック防眩レンズ
詳しくは、メーカーのホームページをご覧ください・・・こちら

ニコンAI(エーアイ)シリーズ&ブライトクリアコート

お気に入りのメガネフレーム『リドルチタニウム』に、
東総地区では当店だけが販売しているニコンの限定専門店向けの
遠近両用レンズAI(エーアイ)シリーズのAIサイバーに
薄暗い所で今までより明るく感じる光感度サポートのブライトクリアコートにて作りました。
大満足の見え具合です!

<2016年10月9日追記>
ブライトクリアコートは、コートを改良し、シーコート ネクスト・ルビーという名称に変更されました。
ニコン サイバーAI
 リドルチタニウム

ニコンAIについては、こちらをご覧ください!
http://www.nikon-lenswear.jp/sp/ai/index.htm

ニコン シーコート ネクスト・ルビーについては、こちらをご覧ください!
http://www.nikon-lenswear.jp/products/coating/seecoatnext_ruby.htm

ツボクリレンズ

最強度近視です。
レンズを薄くするため、ツボクリ加工という特殊加工をしました。

ツボクリ加工1

ガラス1.8(HOYA THI2-MC) S-20.00D マタロウ8カーブ有効径40ミリ 最大厚6ミリ 重量41g

ツボクリ加工2

ハンガリー製です。

ツボクリ加工3

カットしました。 重量12g

ツボクリ加工4

完成 総重量34g

ツボクリ加工5

枠入れ後:横からの写真です。

ツボクリ加工6

枠入れ後:上からの写真です。

最強度近視

とても強い近視のメガネです。運転免許更新用に作りました。

saikyoudokinshi

ガラス製屈折率1.80非球面 S-20.00 コバ厚18ミリ 重量105g

saikyoudokinshi

レンズ越しに見えるメガネが小さく見えます。

saikyoudokinshi

パッドを大きなシリコン製に変え 、耳に掛ける部分にシリコンチューブを付けて重量感を軽減します。

saikyoudokinshi

完成しました。 フレーム重量8g 総重量34g

厚みが気になるなら、ツボクリ加工やマイナスメッツ加工等、さらに薄くする加工があります。

レンチキュラーレンズ

レンチキュラーレンズは、特殊な強度用凸レンズです。
白内障手術で、眼内レンズが入れられない方(無水晶体眼)や
強度の遠視の方に使用します。

下記の写真は、S+17.00D同度数/同フレームの比較。
<青フレーム>屈折率1.50/有効径40ミリ/重量25グラム
<黒フレーム>屈折率1.67/有効径34ミリ/重量16グラム

レンズの選び方で、仕上がりがこんなに違います!
レンチキュラーレンズ1 レンチキュラーレンズ2 レンチキュラーレンズ3 レンチキュラーレンズ4 レンチキュラーレンズ5 レンチキュラーレンズ6

HOYALUX MSi(ホヤラックス エムエスアイ)

フレーム前傾角・フレーム頂点間距離・フレームそり角の『フレーム装用3条件』を考慮した
HOYAの遠近両用レンズ、ホヤラックスMSiを
旭市では当店のみのお取り扱いフレーム『フェイスフォント』に組み込んで作りました。
これまで同じ度数でレンズの種類を変え10本以上作っていますが、
このレンズの、見えごこちばっちりです!
ホヤラックス MSi フェイスフォント

ホヤラックスMSiについては、こちらをご覧ください。
https://www.vc.hoya.co.jp/products/progressive/msi.html